子どもの『脳力』を高める親の関わり方3選!

こんにちは、ここさゆです。

毎日子育てしていると実にたくさんのいろんなことが起こります。うれしいことや楽しいことももちろんあるとは思うのですが、何かと悩みは尽きませんよね。私も日々、子供とかかわる中で怒ったりせかしたり、半強制的に命令したり…。そんなことは日常茶飯事でしたし、結局力づくでやらないと、子供は言うことを聞いてくれない・行動してくれない!!ホントは怒りたくなんてないけど仕方ない。そんな気持ちでした。

でも、結論から言うと、もうお分かりだと思いますが、怒ってもいいことは一つもありません。

では実際、どう子供と接したらいいのでしょう?どうしたら親も子どもも今よりもっと幸せないい関係になれるのでしょう?今やたくさんの対処法があるかと思いますが、私なりにまとめてみました!

3歳・7歳・10歳が子どもの進化のベストタイミング

0~3歳 たっぷりの愛情が心をたくましくする

生まれてから脳の神経細胞が活発に増え続ける時期ですが、神経伝達回路はまだ未熟な時期でもあります。この時期は大好きなお母さんや周りの人からたくさんの愛情を受けることが脳の発達に良い影響を与えます。

3~7歳 子供の心の整理を手伝う気持ちで

外からのいろんな情報を吸収して増え続ける一方だった脳の神経細胞のうち、不要な細胞が消去される「間引き現象」が起きます。脳の神経回路のベースを作って、脳の基盤が作られるとても重要な時期です。

7~10歳 自ら学ぶ習慣が「本物の頭の良さ」を育てる

間引きが完了し、神経回路がどんどん発達、脳はほぼ大人と同じ状態になります。同時に「自分でやりたい・自分で達成したい」という自己報酬神経群が発達。7歳ごろからは自主性が大事になってきます。

10歳~ 努力したことに子ども自身が胸を張りたくなるような言葉や接し方を心掛けましょう

ここから勉強適齢期。子どもの自尊心を刺激し才能を発揮できるよう子どもが頑張っていることに敏感になり「すごいね!」「こんな勉強の仕方はあなたにしかできないよ!」などたくさんの言葉がけをしていきましょう。

 

 

親が意識したい子どもが高めるべき3つの力

物事に興味を持ち好きになる力

脳には「A10神経群」と呼ばれる部分があり、自分が『好きだ』『興味がある』と思うことに対してはしっかり理解し記憶します。反対に『嫌い』『興味がない』ことに対しては理解も記憶も深まりません。つまり、自分が好きな情報に対しては脳はとてもよく反応するので、いろいろなことに興味を持って取り組む姿勢が大事になってきます。そのためには、周りが「無理じゃない?」「できるの?」など否定的な言葉を使わないことです。また、たくさんのことに興味を持つためにはまずは、今の段階で子ども自身が興味のあること、好きなことを受け入れて認めてあげましょう。「面白そうだね」「頑張ってるね」「上手だね」とポジティブな言葉をかけてあげましょう。

人を尊敬する力

人は一人では生きていけません。大人になって社会の中で生きていくためには自分以外の周囲の人に気持ちを理解して心を通わせなければならない時もあります。『心をこめて話す』『相手の立場にたって考える』『相手を認め、尊敬する』など。特に、『相手を認め、尊敬する』ことは小さい時から習慣づけてあげるべきです。そのためには、親自身が周囲の人n優れている点や長所に目を向け、子どもと一緒に「すごいね。」「素晴らしいね」と共感することが大切です。ただし、自分の子供と比較してはいけません。一人ひとり違ったうえでそれぞれのいいところを見つける心がけをしましょう。

目標に向かって全力投球できる力

7歳以降は自分で考えたことを自分で達成する「自己報酬神経群」を育てることが重要になってきます。

何かに取り組むとき、目標を設定しそれに向かって全力投球すること、途中であきらめずに最後まで成し遂げることを習慣化することが大事です。

「失敗するかもしれない」「たぶんできないからやらない」「まぁまぁ、大体でいいや」といったマイナスの気持ちにならないよう、親が「目標を決めて全力投球しよう」「中途半端にしないで最後まで達成しよう」という気持ちで接することが大事になってきます。

いつからだってできる!親の言葉を変えよう!気持ちを変えよう!

言葉の力は絶大!言葉を変えよう

マイナスの言葉を言い続けるのはもちろんだめですが、ママの言葉は子どもにとっても威力絶大。過度な期待や根拠もなくほめすぎても子どもにとって逆効果になってしまいます。「どうなるかわからないけど、やってみよう」の精神と、親自身が一緒に成長していく気持ちが重要です。

子どもの前に立って指導するのではなく、子どもの後ろから後押しする気持ち、あるいは横に並んで一緒に挑戦・成長する気持ちが大切なのではないかと思います。

 今見てきたように、子どもの脳には段階的に発達を遂げていくので子どもの才能を伸ばすためには、脳の発達に合わせて教育していくのがベストです。が、子どもの年齢だけで『時、すでに遅し…』と親があきらめてしまう必要はないかなと思います。かくいう私も、子どもに対しては後悔するかかわり方がとても多かったし、これから変えたとしても遅いんじゃないか、意味ないんじゃないか、と考えたこともありました。でもまだまだ子育ては続いていきますし、今からでも遅くはないと思っています。完璧な人間なんていませんし、子どもはもちろん、大人だって生きていくことはトライ&エラーの連続だと思っています。

参考文献 「PHPのびのび子育て 9歳までにやってはいけない7つのこと」P18~P23(『脳力を高める         親、つぶす親』林 成之)

     「子どもの自己効力感を育む本」松村 亜里 WAVE出版