kanji-of-this-year

2021年【今年の漢字】はどうやって決まる?なぜ清水寺なのか?書いている人は?

2021年も師走の風物詩の一つである【今年の漢字】の発表に時期がやってきました。【今年の漢字】の言葉を見たり聞いたりすると、「今年ももう12月かぁ…」と、1年の終わりを実感してきますね。

ところで、【今年の漢字】はいったいどのようにして選ばれているのでしょうか。また、毎年発表は京都の清水寺ですが、何で清水寺なのでしょうか。そして、発表の仕方は、お坊さんが大きくて吊るされた半紙みたいなのに、大胆に一発勝負で筆を執るのがお決まりですが、あのお坊さんは誰なのでしょうか。

【今年の漢字】の決め方は?

応募数が最も多い漢字が認定される

「今年の漢字」は、公益財団法人 日本漢字能力検定協会が主催しています。1995年から始まりました。主催の目的としては、漢字の素晴らしさや奥深さを伝えるための、漢字の啓発活動の一つとして始まりました。

毎年11月から12月の上旬ごろまでの期間で、その年一年を表す漢字一文字を一般公募で募集します。そして、最も応募数が多かった漢字が、「今年の漢字」に認定されるのです。

あの、「漢検」と「今年の漢字」の主催者は一緒だったとは驚きでした。

そして、12月12日の「漢字の日」に発表されます。

単語や熟語、文章ではなく漢字一文字であるからこそ、「今年の漢字」からその一年で起こった様々な出来事が回想され、思いを馳せることができます。

過去の【今年の漢字】一覧

過去5年間の【今年の漢字】は以下の通り↓

2020何と言ってもコロナの1年でした。『密閉・密集・密接』の3密回避は全国の自治体で掲げられ、コロナの文字を見ない日はないほどにコロナに振り回された1年にちなんでの漢字でした。
2019平成が終わり、令和という新しい時代が始動しました。令和という言葉は、日本最古の歌集「万葉集」からきています。「素晴らしい・良い」という意味を持っています。
2018北海道胆振東部地震をはじめ、西日本豪雨など様々な自然災害に見舞われた1年。小畠春夫さんが行方不明となっていた2歳男児を発見するなど、ボランティアや災害復興の相互支援の働きや自助意識が高まった年ともいえます。
2017北朝鮮からの弾道ミサイル発射を受けるなど、年間を通じて北朝鮮の動向に不安や恐怖があった年です。また、福岡や大分など九州北部を襲った記録的な集中豪雨で、甚大な被害を受けました。
2016リオオリンピックが開かれた年。日本人選手団は過去最多となる12個の金メダルを獲得し、日本中に感動を与えました。政治とカネの問題も多く浮上した年でもありました。

参考:公益財団法人 日本漢字能力検定協会 「今年の漢字」一覧

【今年の漢字】なぜ清水寺?

「今年の漢字」の発表は毎年、京都の清水寺で行われています。なぜ、清水寺なのかというと、「今年の漢字」の主催者である公益財団法人 日本漢字能力検定協会の本部が置かれているのが京都なのだそうです。その京都にあって日本はもちろん、世界的にも名のある由緒正しい寺院であるということで清水寺になっているのだそうです。

清水寺は平成6年(1994年)に世界遺産に登録され、『清水の舞台から飛び降りる』(思い切って大きな決断を下すこと   引用:goo辞書)の語源となっていたり、境内には国宝や重要文化財が壮大に建立していたり、日本だけでなく世界的にも最も有名な寺院の一つです。

その、清水寺で「今年の漢字」が発表され、奉納の儀式も行われます。

【今年の漢字】書いている人

「今年の漢字」を書いている人を調べてみると、公益財団法人 日本漢字能力検定協会のホームページを見てみると

「今年の漢字」揮毫について

揮毫者:清水寺貫主 森 清範 (きよみずでらかんす もり せいはん)様

引用:公益財団法人 日本漢字能力検定協会「今年の漢字」

とあります。普段は聞き慣れない、単語が並んでいますが、それぞれの意味は次の通りです。

揮毫(きごう)…筆をふるって字や絵をかくこと  

引用:google

貫主(かんす)…かしらに立つ人。特に天台宗の最高の僧職。

引用:google

森 清範さんは清水寺・真福寺の住職さんで、「今年の漢字」を毎年書かれている住職さんです。「今年の漢字」は12月12日に発表されますが、実は揮毫する森さんも、当日まで何の漢字を書くことになるのか知らされていないそうです。当日になって、協会の理事長から封を渡されて、初めて知ることになります。つまり、あの大きな半紙に大きな筆で書くのも、練習なしの一発本番ということになります。

また、「今年の漢字」発表の様子は、ニュースでも生中継で伝えられます。一般の人が直接参観することは出来ませんので、テレビやネットで、年末の風物詩を楽しみましょう。

森 清範さんが揮毫した「今年の漢字」は、京都にある「漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)」で直接拝見することができます。2021年は10月27日(水)~2022年2月13日(日)まで開催です。詳しくは、公式HPをチェックしてみましょう