winter-greeting-card

寒中見舞いはいつ出すべき?喪中の人には?自分が喪中だったら?寒中見舞いのタイミングやマナー

一年間のうち、暑中見舞いや年賀状、またクリスマスカードや誕生日カードなど、季節や時期折々でたくさんの挨拶状がありますが、寒中見舞いも日本の挨拶状の一つです。

ただ、年賀状などと違って出す習慣がある人は少ないでしょう。寒中見舞いはどういったときに出せばいいのか、マナーや出すタイミングをまとめてみました。

寒中見舞いとは

寒中見舞いも相手とつながるコミュニケーションツールです

寒中見舞いは、暑中見舞いと同様、相手の体調や健康を気遣う挨拶状ですが、1月7日までに出せなかった年賀状の返礼や、自分が喪中のときにいただいた年賀状の返信として使われることもあります。

寒中見舞いの用途・書き方

〇いただいた年賀状に対して1月7日(松の内)までに出せなかったときの挨拶状として

〇喪中はがきをいただいていた方への挨拶状として

〇自分が喪中だったときにいただいた年賀状の返信として

〇喪中と知らずに出してしまった年賀状のお詫びとして

寒中見舞いは、暑中見舞いと違って多様な用途や場面に対応できる挨拶状なので、送る目的や相手に合わせた出し方が必要です。

1月7日までに出せなかった年賀状への挨拶状として書く場合

自分が出していない相手から年賀状をいただいた場合は、できるだけ早く年賀状として出すのが理想ですが、帰省や年末年始の準備などでなかなか難しい場合もあります。1月7日(松の内)までに出せない場合は、寒中見舞いとして出しましょう。

《書き出し例》

  • 寒中お見舞い申し上げます 冷え込みがひときわ厳しくなってまいりましたが お変わりございませんでしょうか
  • 寒中お見舞い申し上げます 厳しい寒さが続いておりますが お元気でご活躍のことと存じます
  • 寒中お見舞い申し上げます 松の内も過ぎ 平生の暮らしに戻られ お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます
  • 寒中おうかがい申し上げます 北風が骨身にしみる毎日ですが お風邪など召されてはおりませんでしょうか
  • 厳冬のお見舞いを申し上げます 寒さ一段と厳しい季節となりましたが いかがお過ごしでいらっしゃいますか
  • 厳寒のおうかがいを申し上げます 底冷えのする毎日ですが お元気でいらっしゃいますか
  • 大寒のお見舞いを申し上げます 例年にない厳しい冬となりましたが 皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか
  • 寒冷のお見舞いを申し上げます 空気の乾燥した日々が続いていますが お風邪を召されてはいませんか
書き出しのあいさつは「寒中お見舞い申し上げます」が一般的。また、お見舞い以外の個人的な用件などは書かずに、相手の健康や幸福を祈って結びましょう。年賀状に代わる挨拶状なので、もらった相手が幸せな気持ちになったり安心できるような文章にしましょう。

自分が喪中だった時にいただいた年賀状の返信

喪中の時は、新年のあいさつを控える旨を年賀欠礼状を送ることであらかじめ伝えておきましょう。年賀欠礼状は、相手が年賀状を書き始める前に届くのがベストです。(遅くとも12月初旬には投函しましょう。)

年賀欠礼状を出していない相手から年賀状をいただいたときは、1月7日(松の内)を過ぎてから、年賀状のお礼も兼ねて喪中の知らせを送るようにしましょう。

《書き出し例》

  • ご丁重な年頭のごあいさつをいただき ありがとうございました 実はわたくしども昨年八月父が急逝し 喪服中のため年始のご挨拶を控えさせていただきました
  • ご丁重なお年始状をいただき 恐れ入ります 私どもは昨年八月に父を亡くし喪に服しておりますので 年頭のご挨拶を遠慮させていただきました どうぞ悪しからずご了承ください
  • ご丁寧に年始のご挨拶をいただきありがとうございます 実は昨年九月に母を亡くし喪に服しております ご通知が行き届かず失礼いたしました 
喪中に年賀状をいただいたときでも、おめでたい言葉をこちらから返す必要はありません。ただ、相手に自責の念を抱かせないよう、通知が行き届かなかったことを詫びるようにしましょう。

相手が喪中と知らずに出してしまった年賀状のお詫びとして

年賀状を出した相手が喪中であると知った場合には、改めて寒中見舞いとしてお詫びの意を伝えましょう。

《書き出し例》

  • 寒中見舞い申し上げます この度はご服喪中と存じ上げず年始状を差し上げてしまい誠に失礼いたしました お母様の逝去を心よりお悔やみ申し上げます 日がたつにつれご家族の寂しさも募ることと存じますが どうかご傷心が少しでも早く言えますことを祈っております 寒さいっそう厳しくなる折 皆様のご健康をお祈り申し上げます
相手が喪中であり年賀状を控えた意味を考えて、お祝いの言葉は書かず相手の気持ちを思いやりお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

寒中見舞い全般のマナー

寒中見舞いは、意外といろいろな状況で使える挨拶の手段であることが分かりました。最後に、どんなシチュエーションで寒中見舞いを書いた場合でも注意すべき点をお伝えします。

◇年賀はがきを使って書かないように気を付ける

◇はがきのデザインは季節に合ったものを使うようにする

◇干支や縁起物をモチーフに書かない

◇句読点はつけない

◇「拝啓」「敬具」などの頭語や結後はつけない。

◇文章の最初や改行しても一段下げて書かない(文の頭は全部同じ位置)

まとめ

いかがでしたか。寒中見舞いは年賀状よりも登場回数は少ないかもしれませんが、意外と幅広い場面で使える挨拶の手段であることが分かりました。いずれのシチュエーションでも大事なのは、相手の状況や立場を思いやり、気持ちに寄り添ったものを送るように心がけましょう。

心のこもった丁寧な寒中見舞いは、直接会っていなくても自分と相手をつなげてくれる素晴らしい手段になり得ます。